診療案内

診療科目

  • 耳鼻咽喉科
  • 小児耳鼻咽喉科
  • アレルギー科
  • 補聴器相談

治療方針

正確な診断と専門性の高い医療、極力痛みを伴わない治療を心がけ、病気に対する治療法は「ただこれ一つ」と決めつけず、皆様それぞれにあった最善の治療法を提案します。

耳鼻咽喉科領域の症状

耳(みみ)の症状 印は病状の説明をご覧いただけます。

○難聴(聞こえが悪い)
○耳の付近にしこりがある、腫れている
○耳鳴りがする
○つまり感やこもった感じがする
○耳が響く
○耳垢(みみあか)がとれない
○耳の付近が痛む
○耳の中に虫や異物が入った
○耳が痛い
○耳かき中に耳の中を傷つけた
○耳の中におできがある
○耳の前方に小さな穴がある
○耳たぶが腫れている
○耳の入り口がただれている
○耳たぶが痛い
○耳かは分からないが痛い
○耳の中がかゆい
○こどもが耳をよくさわる
○耳から汁・膿がでる
○こどもがテレビの音を大きくしている
○こどもの耳がにおう
○こどもが耳の中に異物を入れた
●真珠腫性中耳炎
●感音難聴

鼻(はな)の症状 印は病状の説明をご覧いただけます。

○くしゃみ
○鼻水
○鼻のつまり
○鼻血(鼻出血)
○鼻がかわく
○鼻の中がかゆい
○鼻の中が痛い
○鼻の中がくさい
○鼻の奥からのどに痰(たん)が流れる
○匂い(におい)がわからない
○鼻の周りがただれている
○鼻の中にかさぶたができる
○鼻の中におできがある
○鼻の奥の突き当たりが痛い
○こどもが鼻のなかに異物をいれた
○こどもが鼻をよくすする、さわっている
●鼻中隔湾曲症
●鼻茸(鼻ポリープ)
●嗅覚障害

喉(のど)の症状 印は病状の説明をご覧いただけます。

○のどの痛みがひどい
○声のかれが治らない
○咳(せき)が止まらない
○違和感やつまり感がある
○痰(たん)
○のどにできものが見える
○のどがかゆい
○のどぼとけの下がはれている
○いびきをかく
○のとぼとけの下が痛い
○骨がささった
○のどぼとけの上が痛い
○食事がひっかかる
●扁桃炎
●反回神経麻痺(声帯麻痺)
●アデノイド肥大
●咽頭腫瘍(咽頭がん等)
●溶連菌感染症
●声帯炎
●慢性咽頭喉頭炎(慢性咽頭炎・慢性喉頭炎)

口(くち)の症状

○口内炎
○唇の腫れ、できもの
○味がわかならい
○舌の表面が荒れている
○口が渇く
○舌の下がはれている
○舌が痛い
○舌の表面が白い
○舌が赤い
○舌の表面が黒い
○舌・歯ぐき・上あご・舌の下・頬(ほほ)などにできものがある、痛い
●アフタ性口内炎
●味覚障害
●舌腫瘍(舌癌など)
●舌炎
●口腔アレルギー
●口腔腫瘍

首(くび)の症状

○耳の周りのしこりや腫れ、痛み
○あごのまわりのしこりや腫れ、痛み
○リンパ節の腫れ
○喉仏(のどぼとけ)のまわりのしこりや腫れ、痛み
●頚部リンパ節腫脹
●頚部リンパ節炎
●頚部リンパ節転移
●側頚のう胞・正中頚のう胞

顔(かお)の症状

○ほおが痛い
○顔の半分の動きが悪い
○額が痛い
○顔の一部がはれて、痛い
●顎下腺炎
●唾石症
●副鼻腔のう胞
●帯状疱疹
●顔面神経麻痺
●耳下腺炎(流行性耳下腺炎(おたふく)等)